40代男性のたたない原因と簡単な解消方法はこれ!

40代男性のたたない原因と簡単な解消方法はこれ!

40代の男性で大事な時にたたないという悩みがある人は多いです。Hする際に勃起しないというのはかなりショックです。そんな立たない場合の原因と解消方法を解説しています。

40代男性のたたない原因と解消のやり方解説

0代男性のたたない原因と解消のやり方解説

 

40代の男性でペニスがたたないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

前は普通だったのに、いつのまにか大事な時にたたないような状況になってしまったことに気づいたという人もいます。

 

そもそも40代になってたたないということに気づくということで、どういったことが原因でたたない状況になってしまったのか原因が気になるという人も多いのではないでしょうか。

 

40代はまだペニスがたたないと悩むような歳ではないので、しっかりと立たない原因を解消して、元通りにしっかりと立つような状況に回復したいものです。

 

40代ということで昔よりは勃起力や中折れの可能性は高くなっていますが、それでもまだ若いのでしっかりと解消方法を実践することで大分違ってきます。

40代男性のたたない原因とは?

40代男性のたたない原因

 

40代の男性がたたない原因はいくつかありますが、基本的には精神的なことと肉体的なことが大きな原因として分けることが可能です。

 

とは言っても40代の男性は年齢的にもある程度は衰えを感じる歳になってきているので、たたないような状況になると「歳のせいかな」と諦めてしまうような人もいますが、それはもったいないです。

 

まずは下記で40代男性のたたない原因について載せてみたので参考にしてください。

 

40代男性のたたない原因概要

    • 病気など体に異常がある
    • 男性ホルモンが減少している
    • ストレスや精神的な問題

病気など体に異常がある

病気などによって体に異常があるような状況だとたたないということは普通にあります。

 

特にありがちなのが血液の流れが悪くなるような症状出るような病気です。

 

ペニスが勃起するためにはペニスに血液がしっかりとあつまらないといけないです。

 

そのため血管が細くなってしまったり、血液がドロドロで流れにくくなるような状況だとたたないということも普通に起こります。

 

具体的には糖尿病患者のほとんどはEDです。糖尿病になると血管が硬くなり、勃起するために必要な海綿体への血液の流れが悪くなるという原因があります。

 

他にも動脈硬化高血圧などの血液に関する症状がでるような病気などがあると、立たないと言う症状ができるので注意が必要です。

男性ホルモンが減少している

40代になってくるとどうしても20代などと比べると男性ホルモンが減少してしまいます。

 

加齢による男性ホルモンの減少は誰にでも起こることなので、ある意味では仕方の無いことではあります。

 

具体的には男性の場合は25歳をピークにして男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下することがわかっています。

 

男性ホルモンは勃起に大きな影響を与えるので、この男性ホルモンの分泌が低下するとペニスがたたないというような症状が出てきます。

 

さらに中折れなどの症状も出てきてEDの原因にも繋がってきます。

 

男性ホルモンは毎日の生活習慣や食生活を含めた対策が大事になってきており、精力剤などの男性ホルモンを助けるような商品を利用することで対策できます。

ストレスや精神的な問題

ストレスや精神的な問題によってペニスがたたないということも珍しいことではないです。

 

とは言っても精神的なEDなどの問題はどちらかというと若い男性に多い症状でしょうかね。

 

若い男性はセックスに慣れてないので、どうしても緊張してしまって、その結果途中で中折れしたり、たたないという症状が出てしまうことは珍しくないです。

 

40代の男性になってくると、そういった緊張によってたたないというよりは、仕事などのストレスによってたたないという場合が多いように感じます。

 

特にストレスによる重圧は近年強くなってきているように感じますね。

 

終身雇用という流れがなくなってしまって、ちょっとした仕事のミスでも大きな精神的な打撃を受けてしまってたたなくなるということは40代の男性には多いです。

 

そういった意味では昔よりも仕事によるストレスで悩んでいる男性は増えてきているように感じますね。

40代男性のたたない悩みを解消するにはどうすればいい?

40代男性のたたない悩みを解消する

 

40代男性のたたない原因は上記のような理由が多いですが、このようなたたない状況を解消するにはどうすればいいのでしょうか?

 

やるべきことは簡単で、できるだけ規則正しい生活習慣を維持することが大事です。

 

特に高血圧や動脈硬化など血液がドロドロになるような食生活を控えるようにすることが大事になってきます。

 

また仕事によるストレスを少しでも軽減させるためにもできるだけ自分なりのストレス発散方法を身につけることも大事になってきます。

 

40代の男性の場合は基本的には男性ホルモンが減少してきているので、しっかりと精力剤などを利用していくことが大事になってきます。

 

当サイトではそんな40代男性のたたないという悩みの解決方法を提示していくので是非参考にしてください。

20代後半になって勃たない原因を知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

20代後半になって勃たない原因を知りたいと思う人は増えてきています。

10代のところはビンビンにペニスが勃起やすい状況だったのに、20代の後半になってきて急に勃起しにくくなってきてしまったという人は多いのではないでしょうか。

まだ結婚してない20代後半の段階で勃たないというような状況になったら焦りますよね。

このまま勃たない状況が続いてしまって、そのまま子供が作れないような状況になってしまったら最悪ですからね。

では20代後半で勃たないような状況になってしまう原因はどのようなことが考えられるのでしょうか?

まず考えられるのが、男性ホルモンの減少運動不足血管の老化などでしょうかね。

加齢によって男性ホルモンが減少するというのは良く知られていると思いますが、20代後半で勃たないくらい男性ホルモンが減少するのは深刻ですね。

また運動不足になると男性ホルモンにも影響が出てくるので注意が必要です。またペニスを勃起させるには海綿体に血液が流れることが必要なので、血液の流れが悪いのも問題になってきます。

20代後半で勃たないような状況になったら、まずは運動不足などを解消して血液の流れが良くなるような食生活を心掛けることが大事です。

また精力剤を利用していくのもいいと思います。任意整理おすすめ弁護士事務所ランキング

挿入前に勃たない場合のすぐできる対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

セックスの挿入前に勃たないような状況になると非常にあせりますよね。

彼女といざセックスをするという時にペニスが勃起しないと、そこから先に進むことができないので非常に気まずい気持ちになってしまいます。

挿入前に勃たないと自分が情けない気持ちになるのはもちろんですが、彼女が自分に魅力がないのではないかと思わせてしまったりするので、それからの2人の関係にも大きく影響してきます。

挿入前に勃たない原因はいくつかありますが、大きく分けると、精力自体が減退するという場合と、精神的な原因で勃起しないという2つの状況が考えられます。

年齢が高い人に多いのが精力減退によって挿入前に勃たないという状況で、年齢が若い人に多いのが精神的な原因で挿入前に勃たないという状況です。

どちらも勃起しないという状況に違いはありませんが、肉体的な原因精神的な原因ということでまったく状況が違ってくるので、どちらかによって対策方法も違ってきます。

精神的な原因の場合には、セックスに慣れてないということで挿入前に勃たない場合が多いので、経験を積めば普通に挿入前に勃たないという状況は回避できるようになります。

逆に肉体的な原因の場合には、体作りから見直す必要があり、精力剤などを利用しながら改善していく必要があります。詳細はこちら

童貞卒業で勃たない状況を回避する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

童貞卒業でペニスが勃起しないというような状況になってしまったら最悪ですよね。

ただ童貞卒業でペニスが勃たないという状況になってしまう人って意外と多いんですよね。

私の友人でも童貞卒業の際にペニスが勃たないという状況になって、その日のセックスが流れてしまったという経験談を聞いたことがあります。

こうった童貞卒業の際に緊張して勃起しないというのは誰にでも起こりえることです。

ただここで勃起せずに童貞卒業が延びてしまうとそれがトラウマになってしまう人もいるので、できるだけスムーズに童貞卒業をする方法を知っておくと安心だと思います。

基本的にこういった童貞卒業で勃たないというのは、ペニスなどの体に問題があるわけではなく精神的な原因で勃起しないというのが普通だと思っておくといいです。

ペニスって意外と神経質なもので、不安や心配事、緊張などがあったりすると勃起しなくなるんですよね。

そのためセックスする際には無心になって不安や緊張を忘れて行う必要があります。

童貞卒業で失敗したくない場合には必要以上に緊張しないことが大事になってきます。

またどうしても不安な場合には精力剤などを利用するのも一つの方法だと思います。精力剤を利用することで、精力剤を利用しているという安心感の影響で不安を和らげることができるからです。http://xn--8wvv6fmxku5qbfz.com/

男性不妊の割合ってどれくらいなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

男性不妊の割合ってどれくらいなのか気になっている人も多いのではないでしょうか。やはり不妊治療と聞くと女性というイメージが強いですが、最近では男性不妊も話題になってきています。

男性不妊は珍しいことではなく、普通にあるものです。不妊症のうち男性にも原因があるケースは半分くらいにものぼってきます。

そもそも男性不妊の割合ってどれくらいなのか気になりませんか?

統計的に見ると日本人男性の12人に1人は男性不妊だと言われています。おそらく意外と高い確率だと思った人が多いのではないでしょうか。

実際に男性不妊とはどういった症状なのでしょうか?男性不妊は精子に問題があることだと思っていいと思います。男性不妊と呼ばれる状態の90%以上は、精子に何らかの問題がある造精機能障害によるものだと思ったほうがいいです。

他にも精子に元気がないという症状から、精液中に精子が存在しない無精子症など男性不妊の原因には色々なものがあります。

男性不妊なのかチェックするのは難しいことではなく精液検査を受ければすぐにわかります。ただ精液検査は病院等で行わないとわからないものなので意外とめんどうなんですよね。

女性の不妊検査と一緒に男性も検査を受けるといいと思います。http://www.granlogiaguatemala.com/

妊活を始める際にはスケジュールを立てよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

妊活を始めることを検討している人も現代では少なくなくなってきています。

近年では芸能人も不妊治療を行っているという現実があるので、昔よりは不妊治療が一般的になってきています。

そのため割りと普通に不妊治療に参加している人も少なくないのではないでしょうか。

近年は晩婚化が進んでいるので、不妊治療に参加する年齢も高くなってきており、32歳や33歳くらいから不妊治療に取り組む人が多くなってきているように感じます。

この32歳や33歳は妊娠するための年齢としては結構ギリギリの年齢なので、通常はもっと早く不妊治療を始めたほうが効果が高いです。

基本的に35歳を過ぎると高齢妊娠という枠組みになり、どんどん妊娠しづらくなってくるので32歳や33歳から妊活を行う場合にはしっかりとしたスケジュールを立てるようにすることが大事になってきます。

妊活では最初はタイミング療法から入っていきますが、それでも効果がたなかった人工受精を行うことになり、それでも効果がなかったら体外受精を行うことになります。

つまりこういった不妊治療の流れを予め理解して、どのタイミングで人工授精に切り替えて、どのタイミングで体外受精に切り替えるのか、予めしっかりと決めておくことが大事になります。https://www.eliosat.com/

最近の投稿